「体脂肪」「血糖値」「コレステロール」など、
様々なヘルスクレームの解消におすすめの
特定保健用食品 機能性表示食品 栄養機能食品
お客様のご要望にお応えできるよう
用途ごとに商品の表示を見直しました。
現在、なんと全55商品のラインナップ!!
アナタにピッタリの商品を見つけてください(^◇^)
↓↓↓↓↓
豆知識:より詳しく知りたい方へ 特定保健用食品 機能性表示食品 栄養機能食品
これら"3つの違い"ご存知ですか?
※【出典:消費者庁サイト】
特定保健用食品 健康の維持促進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や案税制については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。 機能性表示食品 事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。 栄養機能食品 一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することが出来ます。
さらに「体脂肪・血糖値・コレステロール」など
効果別に一覧をご紹介いたします

■体脂肪 体脂肪とは、皮下脂肪や内臓脂肪だけでなく、血液の中に含まれる脂肪分や、細胞膜を構成する脂質すべてが含まれます。体脂肪の過剰な蓄積は生活習慣病などを誘発させる可能性があるそうで、特に内臓脂肪は生活習慣病と密接な関係があるという研究結果が出されています。体脂肪が日々の生活習慣の積み重ねなら、習慣的なトクホの飲用でカバーするのも一つの手ですね。 ■血圧 高血圧は脳卒中・心筋梗塞・心不全などの発症リスクに繋がるとされています。食事など日々の生活習慣を気にしつつ、毎日継続して飲む飲料も気にしてみては?「血圧」ヘルスクレームの解消にピッタリの飲料がこちらのリストから見つかります。 ■コレステロール コレステロールそのものは悪いわけでなく、「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」のバランスを保つことが大事といわれています。問題の悪玉コレステロールを低下させるのが特長のおすすめ商品をリストアップしました! ■血糖値 健康診断の血液検査の項目にある血糖値。血糖が増え過ぎて『高血糖』の状態が続くと、体のいろいろなところに支障をきたす原因となります。また、『糖尿病』となる可能性もでてきます。食後の血糖値の血糖値の上昇を抑えてくれる商品を確認してみてください。継続飲用を心掛けたいですね♪ ■おなかの調子を整える 健康な状態の「便」が毎日、規則正しく排泄されればベストですが日常生活を送る中で”規則正しく”は、なかなか難しいですよね…。大切なのは普段からバランスの取れた食事と運動を取り入れることですが、こちらのトクホや機能性の飲料を取り入れた健康的な食生活もオススメです。 ■いつまでも丈夫で健康な骨や歯でありたい! カルシウムには丈夫で健康な骨と歯を作る働きがあります。しかし国民健康・栄養調査結果では日本人のカルシウムの平均摂取量は長年必要な量に達していないそうです。だからといって、カルシウムの多い食品を一度にたくさん食べても吸収できるカルシウム量は限られているので毎日コツコツとる必要があります。
    商品一覧紹介
    ▼こちらをクリックすると商品一覧が並び替えされます▼
  • 全ての商品一覧
  • 新着・注目
  • 特定保健用食品
  • 機能性表示食品
  • 栄養機能食品

  • 体脂肪
  • 血圧
  • コレステロール
  • 血糖値
  • 整腸
  • カルシウム